行政書士試験独学合格を助ける講座

行政法オリジナル問題 第40回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               ★ オリジナル問題解答 《第40回 》 ★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-------------------------------------------------------------
                       PRODUCED BY 藤本 昌一
-------------------------------------------------------------

 
  【テーマ】 行政法


    
  【目次】   解説

              
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■   オリジナル問題 解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 
   問題は、メルマガ・【行政書士試験独学合格を助ける講座】
 第127号掲載してある。

 
 ☆ メルマガ第127回はこちら
           ↓
   http://archive.mag2.com/0000279296/index.htm
 
 
 
  本問の解説については、メルマガ127回/重要論点の整理・Q&A 
 を参照を願います。

 
   本問のポイントは、行訴法9条2項の準用により「処分の相手方以外
 の者」である第三者に「原告適格」があって(37条の4第4項)、3
 7条の5第2項により、「差止めの訴えの提起」があった場合において、
 という三点であると思われる。


  解答例としては、以下のようになる。


  処分の相手方以外にも原告適格があるため、差止めの訴えを提起して、
  当該申立てができる。(42字)


  
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行者】司法書士 藤本 昌一
 
 ▽本文に記載されている内容は無断での転載は禁じます。
 
 ▽免責事項:内容には万全を期しておりますが、万一当サイトの内容を
       使用されたことによって損害が生じた場合でも、
       一切責任を負いかねますことをご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



examination_support at 18:40コメント(0)行政書士試験オリジナル問題  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ